今はあなたが治療方法を選べる時代です、きちんと情報を得て、納得がいく決断ができるようになるための、歯科に関する様々な情報を発信しています。
「あなたの口の中の不安をゼロに保ち、そこから始まる新しい人生を支えるパートナー」がモットーの西国分寺 レガデンタルクリニック院長 歯科医師  仲山尚男が全てを書き下ろしています。

かぶせ物(補綴)

今回は最も患者様によくお話しさせて頂く「かぶせ物」について、その選び方についてご案内させて頂きます。「どのような歯にはどんな素材が良いのか?違いは?」「安い素材と高い素材は本当に違いがあるのか?実際の経年変化は?」「健康保険の限界は?」「
トンカチで叩いてみて分かる素材毎の強さと、それだけではなく気をつけるべき化学的な強さとは?」など、歯でお悩みの方は、ぜひご覧下さい。

噛み合わせ・矯正

当院の診療所ではお越しになった方に対しては、必ずその方の問題を引き起こした本来の原因をお伝えしています。そこを解決しないまま治療を進めても、またいつの日か別の形で再発してしまいますよ…ということをご理解いただくことがとても重要だからです。

銀歯

確かに何でもない歯の部分は極力削らないで残していこう、という考え方はミニマルインターベンションと言って正常な組織の侵襲を極力避ける、という最近の主流ではあります。
ただし、一見何でもなく見えても実はそこにむし歯がある、ということが少なくないことをご存じですか?

噛み合わせ・矯正

噛み合わせの不具合は、様々な口の中の問題の引き金となります。

です。なので、歯が痛いからと言って、むし歯であるとか歯周病であるとか、そういったことだけを考えて対処療法をしても、問題の根本は解決できないことが少なくありません。歯科治療の難しさは、この辺の噛み合わせとの関連性を捉えたうえで治療を進めていかなくてはならない点です。

歯周病

歯周病、あの歯がぐらぐらになって口臭が強くなり最後には歯が抜けてしまうあの病気、実はその正体は歯周病菌、ということは多くの方が知るようになってきました。

そう、歯周病は歯周病菌による細菌感染症で、人にもうつる病気なのです。

だから口腔ケアを頑張ってやりましょうね…という文句はよく歯科医院に行くと歯科衛生士さんに言われるフレーズなのではないでしょうか。